美術館巡り

【美術館巡り】ただのおしゃれな趣味じゃない!?美術館巡りはメリットだらけ!【理由を解説】

こんにちは!まろんぼーいです。

 

今回は、特に女性には定番な趣味の一つである「美術館巡り」が超絶良かったのでその理由について解説します。

 

美術館巡りと聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

「ちょっとおしゃれぶった人の映える趣味」

正直始める前の僕はこのように思っていました。

(今は全くそんなこと思っていませんよ!!)

そんな僕が美術に興味を持ち始めたきっかけは、海外旅行で多くの有名な美術館に行き、教科書で見るような有名な絵を見てきた経験です。

こちらについてはおすすめする理由で解説していますので読んでいただければと思います。

 

で、日本に帰ってきてからちょっと試しにと始めてみたところ面白い面白い。

想像以上だったので共有したいと思い言語化させていただきました。

 

それでは早速解説していきます!

 

理由①自分だけの非日常を簡単に手に入れられる

理由②教養を楽しみながら身につけられる

理由③旅行が何倍も楽しくなる

 

では解説していきます!

 

理由①自分だけの非日常を簡単に手に入れられる

みなさんは休日何をされているでしょうか。

「休日は現実を忘れられる非日常を味わいたい…」

特に都会のせかせかした環境に普段身をおいている方はこう感じる方が多いかと思います。

ちなみに私もその一人です。

そう思った方には美術館巡りは超オススメです!

 

美術館内では時間が非常にゆっくりと流れています。

中にいる一人ひとりが会話を特にすることもなくゆっくりと歩きながら絵を鑑賞し、気になった絵の前で立ち止まっては解説を見ながら絵を眺めています。

誰にも邪魔されない自分だけの優雅な空間を身近で楽しむことができるんです。

もう絵を全然知らない人でもこれだけで非日常を味わえます。

 

そして!

実はプチ海外旅行も味わえちゃうんです。

美術館、特に首都圏のものは必ず何かしらの特別展を開催していますが、この特別展が超豪華!

「日本の美術館じゃ有名な絵は見られないんじゃ…?」

こうお思いかもしれませんが、これが違うんです。

だいたいの特別展が、ピカソだったり、ゴッホだったりと誰でも知っている画家の絵を展示しているんです!

例えば直近の特別展を見てみると…

国立西洋美術館(上野)ではロンドン・ナショナル・ギャラリー展があります。(※現在はコロナウイルスの影響で開催が延期されているため、ウイルスが落ち着き次第開催になるかと思います。)

ここではゴッホのひまわりが生で見れます!

ゴッホのひまわりといえば、名探偵コナンの映画「業火の向日葵」で登場した名作中の名作です!

このような作品が実は身近で見れるんです。

自分だけのゆったりとした空間で海外の名作を鑑賞し、非日常を感じる…なんだか魅力的に思えてきませんか?

 

理由②教養を楽しみながら身につけられる

大学生や社会人になって、教養のある人かっこいいなと少しでも思ったことがあるのではないでしょうか。

美術はこの教養を身につけるのにうってつけです!

 

美術館巡りって美術についての知識が増えれば増えるほど楽しくなってくるものです。

なので逆に言うとハマればハマるほど知識が勝手に増えてきます。これ便利ですよね。

 

例えば美術を楽しむために大事なのが、画家の性格だったり当時の時代背景です。

美術館に行くと必ず展示してある絵を描いた画家の物語や当時の社会について解説があります。

なぜかというと、それが絵に非常に大きい影響を表しているからです。

 

これを美術館めぐりを通して少しずつ知っていくと、歴史について勝手に詳しくなっていきます笑

 

また、美術館巡りって世界共通なんですよね。

僕もドイツ留学していたときに友達と美術館に行きました。

ヨーロッパは本場なだけあって、みなさんの知識がすごいんです。聞いたことはだいたい教えてくれました笑

 

なので、美術を知っているだけで海外の人と共通の話題ができてしまいます。

これってなんだかお得じゃないですか?

 

 

 

美術館巡りと聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

「ちょっとおしゃれぶった人の映える趣味」

正直始める前の僕はこのように思っていました。

(今は全くそんなこと思っていませんよ!!)

 

そんな僕が美術に興味を持ち始めたきっかけは、海外旅行で多くの有名な美術館に行き、教科書で見るような有名な絵を見てきた経験です。

こちらについては理由③で解説していますので読んでいただければと思います

理由③旅行が何倍も楽しくなる

僕はヨーロッパが非常に好きで、学生のときにドイツ留学をし暇を見つけてはヨーロッパ諸国を旅行していました。

 

その際に僕は非常に感じました。

「あれ?ヨーロッパのスポットって、歴史的な建物と芸術ばっかじゃね?」と。

 

例えばフランスで考えてみます。

観光地で調べるとどのような場所が出てくるでしょう。

ルーブル美術館、凱旋門、ヴェルサイユ宮殿などが出てくるのではないでしょうか?

これらは全て歴史、芸術に関係するものです。

 

他の国についても調べてみてください。

同様の結果だと思います。

ただ当時の僕は経験だからとほとんどスタンプラリーのように各地を観光してきました。

 

ここで突然ですが日本に帰ってきたあとの友達との会話をお見せします。

僕:「旅行しまくってめっちゃ良かったわ〜ルーブル美術館でモナリザと生まで見てきたよ」

友達:「うわいいなールーブル美術館どうだった?」

僕:「…そうだなあ、めちゃめちゃでかくて有名な絵がたくさんあってすごかったよ!」

 

なんと薄っぺらい回答でしょうか笑

そうです、僕はスタンプラリーを楽しんだのであってそこの場所を満喫したわけではなかったのです。

 

いやーあのときの経験を今美術館で得た教養を持って回っていたらとめちゃくちゃ後悔してます笑。

日本で美術館巡りを楽しむだけで、僕みたいに後悔しないで、ヨーロッパ旅行を満喫できますよ!

 

 

以上、美術館巡りをおすすめする理由3つについて解説しました。

これを読んで、少しでも美術館巡りに興味を持っていただける方がいれば幸いです!

美術館に興味を持ち始めた方がいたら、事前知識として以下の記事も書いていますのでご参考ください!

【美術館巡り】これだけ知っていれば美術館を何倍も楽しめる!最初に知っておきべきことをざっと解説します。【①印象派って何?】

 

ありがとうございました!