将棋

【将棋・脱初心者】自分の将棋の型選び!ゲームの初期設定のような感覚で自分の戦法の型一緒に決めていきましょう。

こんにちは!まろんぼーいです。

 

僕のブログでは、新しい趣味を始めるためのきっかけづくりとして僕が実際完全初心者から始めた趣味の中で良かったものを紹介しています。

その中で、将棋は特におすすめしています!

おすすめする理由は以下で解説しています。

【将棋・脱初心者】将棋を趣味としておすすめする理由。超絶簡単に始められます!

 

さて、今回は実際に将棋を覚えていくステップ2として、いよいよ戦法を紹介していきます!

ちなみにもっと初心者のために将棋のざっくりした戦いの流れについては以下で解説しているので参考にしていただければと思います。

【将棋・脱初心者】将棋の実践の流れをざっと学ぼう!

 

上の解説で将棋は序盤どのように進んでいくかの考え方はなんとなくわかったかと思います。

そこで、早速やってみた方、素晴らしいですね。将棋に限らず何でもそうですがアウトプットの量で成長速度が全然違うと思います!

 

ただ、がむしゃらにやっても勝てません。

なぜかというと、将棋には先人たちが築き上げてきた戦法があるからです。

キングダムで数々の戦術が展開されている通り、将棋も戦法なしには勝てないのです!!!(キングダム、めちゃめちゃ面白い漫画なので見ていない方はぜひ笑)

 

熱が入りすぎましたすみません。

とにもかくにも将棋を戦法を使わなければ勝てませんが、この戦法、数が多すぎて選ぶのが大変です…

 

そこで、ここでは初心者の方向けに、自分が最初に覚える戦法決めのガイドをしたいと思います。

ゲームでよくある初期設定のように、自分の初期戦法を一緒に決めていきましょう!

 

①居飛車党? 振り飛車党?

②攻撃重視?防御重視?

③候補の中から戦法を選ぼう!

 

①居飛車党? 振り飛車党?

さて、みなさんはこの言葉をご存知でしょうか。

これ、将棋をされる方同士で将棋の話をするときは必ずと言っていいほど聞く言葉フレーズですね。

「居飛車党ですか?振り飛車党ですか?」

「振り飛車だよ。石田流が多いかな〜。君は?」

「僕は居飛車党ですね。横歩取りとか相掛かりが多いですね」

 

このような会話です。

おそらく現時点では聞き慣れない言葉が多く登場してきたかと思いますが、全部戦法のことです。

 

話を戻しますと、居飛車党か振り飛車党かは、飛車の位置で決まるのです。

居飛車は、飛車を最初の位置から動かさず前に攻めていく戦法です。

 

例えば以下の図はお互い居飛車で戦っている図です。

飛車は初期位置から前に攻めようとしています。

 

一方で、振り飛車というのは飛車を初期位置から左右に動かして攻める戦法です!

一般的には王より左に移動させて攻める戦法が振り飛車と言われています。

例えばこちら。奥は居飛車を使っているのに対し手前は三間飛車という振り飛車戦法を使っています。

 

もう一つ紹介しましょう!

こちらは手前が居飛車であるのに対し、奥は四間飛車という振り飛車戦法です。

 

このように飛車をそのままで攻めるか左右に振って攻めるかで居飛車党、振り飛車党か分かれてきます。

 

さて、初心者がどちらを選択すればよいかというところが一番気になると思います。

正直、どちらがいいというのはないです笑。どちらも強力な戦法ですし、逆に必勝法もありません。

ただ僕の感覚で話すと、居飛車はトリッキーな変化よりかはどしっと構えて戦いたい人向けです!「相手が飛車を左右に振ってこようが、俺の飛車はブレん!」といった力強いイメージですね!

一方で振り飛車のイメージは、「なんかトリッキーでかっこいい戦法でいきたい」という人向けです。

飛車の振り方が多彩なので、ひとスパイスある戦法でいきたい人向けですね!

 

このくらいのざっくりな感覚で決めてしまって全然構いません!

上手くなってくると勝手に他の戦法も覚えてきます。もちろん居飛車党だったのが振り飛車に変わったって全然問題ありません!

なので気軽な気持ちで行きましょう!

 

②攻撃重視?防御重視?

 

はい、こちらも感覚で決めてしまいましょう!笑

自分からゴリゴリ攻めていきたいのか、相手の出方を見て柔軟にいきたいかというところでしょうか。

 

③候補の中から戦法を選ぼう!

さて、ここまで絞っても戦法の選択肢はまだ山ほどあるのですが、今回は僕の独断と偏見で初心者におすすめの戦法を絞らせてもらいました!

 

それぞれの戦法についてもまた別の記事で解説しようかと思いますが、今回挙げた戦法をネットで検索すれば、優秀な方たちのその戦法の解説記事が死ぬほど出てくるので、そちらを参考にしていけば必ず覚えられます!

なので今回は、おすすめの戦法の選択肢と、それぞれのなんとなくの特徴だけちゃちゃっと説明しちゃいます!

(戦法に合う囲いも紹介しますね!)

 

タイプ1 居飛車速攻型

候補①原子棒銀&カニ囲い

将棋覚えたての人が最初に覚える定番の王道!王は簡単な囲いでちょちょいと囲って、飛車と銀と桂馬で一気に攻める!

候補②横歩取り&中住まい

序盤から飛車が盤面中央で激しく動く戦法。あっという間にお互いの大駒が攻めあう乱戦となりやすい!ちょっとトリッキーだけど中盤力がつきやすい!

 

タイプ2 居飛車じっくり型

候補①矢倉棒銀(棒銀&矢倉囲い)

こちらも定番中の定番戦法。お互い同じ戦法になりやすく、矢倉棒銀の力比べになりやすい!戦法としてはとても攻撃と防御がはっきりとしていてわかりやすい!

 

候補②右四間飛車左美濃(右四間飛車&左美濃囲い)

こちらはどちらかというと振り飛車に入ってしまうかもしれませんが、王より左には行かないのでここに挙げさせてもらいました!

相手が振り飛車をしてきたときに効果絶大!じっくり左美濃囲いを作ったら、飛車、角、銀、桂馬で一点集中攻撃!

 

タイプ3 振り飛車速攻型

候補①早石田&美濃囲い

美濃囲いと書いたが、美濃囲いを作る前に乱打戦になりがち!なので、あっという間に終盤までいくことも多い、そんな凄まじい破壊力を持った戦法。

 

候補②ゴキゲン中飛車&美濃囲い

飛車を王の前にドンっ!と持っていってゴリゴリ攻める戦法。相手は居飛車になることが多い。角交換がされればもう終盤待ったなし!

 

タイプ4 振り飛車じっくり型

候補①四間飛車&美濃囲い

振り飛車の定番戦法!基本序盤はじっくりと様子を見、相手がしびれを切らして攻めてきたとこにカウンターパンチ!柔軟に変化できる戦法。

 

候補②石田流&美濃囲い

速攻で挙げた早石田と似た戦法であるが、こちらはじっくりと駒組みをする。知らない人にとってはとてもトリッキーに見えるが、コマ同士が非常に上手く紐付いており、攻撃、防御ともにバランス良くできる。

 

 

いかがだったでしょうか。

自分のタイプや使ってみたい戦法があったら、戦法をなんとなくでいいのでバーっと覚えて早速使ってみてください!

最初は思考停止して同じ戦法をやればいいと思います!

その戦法をより覚えることができるとともに、なにより戦法を覚えればもうある程度の人とは試合になるので、中盤力、終盤力がメキメキと上がってきますよ!

 

それでは、今回はこの辺で。

ご覧いただきありがとうございました!