Railsアプリ作成

【Rails】初心者がWebアプリを作ってみた!【第1回:初心者がアプリを作っていく過程を公開していきます!】

こんにちは!まろんぼーいです。

 

今回から、「初心者がWebアプリを作ってみた」シリーズを始めていきたいと思います!

(※このシリーズはRuby on Railsについてなので、他の言語の方には参考にならないかもしれません…)

 

 

 

始めに

 

プログラミングに興味がある人、多いのではないでしょうか。

かくいう僕も、プログラミングに興味があり数か月前にプログラミングスクールに入会しました。

 

 

プログラミングといえば「独学」か「スクール」かというのが永遠の悩みかと思います。

 

僕は、プログラミングスクールに通って本当に良かったと感じているのでスクールをお勧めしています。

 

 

ただ、プログラミングスクールに通っていても、アプリを使う際に自分で調べることは必須となってきます。

 

このとき感じたのが、

調べるのって思ったよりムズッ!

 

そうなんです、調べるのって思ったより難しいんです。

 

スクールに通ってもこれだけ調べるの難しいんだから、独学ムズすぎかよ…

 

なので、数か月前にスクールに通い始めた僕が、

実際にアプリを作っていく過程をお見せして、

 

初心者の方が見て自分のアプリに活かしていただければと思ったんです!

(しかも、自分のアウトプットをまとめるから自分自身のメモにもなるし…)

 

では、詳しく説明していきます。

 

本シリーズを始めた理由

 

初心者にとってはQiitaも難しい場合あり

 

 

スクールに通っている中で、いろんな機能について調べる必要があるのですが、調べ始める前は、

 

「ネットが普及している現代、Googleでいくらでも情報が手に入るでしょ?」

 

 

そう思っていました。

 

プログラミングについて調べるといえば、Qiitaだと思います。

 

実際、Qiitaで調べていろんな機能を実装できました。

 

ただこのQiitaの難しいところは、以下の二点だと思っています。

 

『投稿者のアプリ』のコードを使った説明

コードの一部しか見れない

 

どういうことかというと、

Qiitaでは、特定の機能、例えば「ランキング機能」だったり、「検索機能」といった機能について、

記事の投稿者が投稿者自身ので作成したアプリのコードの一部を公開して機能の実装方法を解説してくれています。

 

 

コードを公開してくれているのである程度コピペを使って実装できるのですが、

 

完全コピペだと実際できない場合が結構あるんです。

 

そりゃそうですよね。

投稿者の他のコードは自分のコードとは違うのですから。

実装するためには自分のアプリに合ったコードを実装する必要があります。

 

 

でも、初心者にとってはこれが難しいんです。

「いわれた通りコピペしたのに、謎のエラーが発生してるやん!!なんじゃこれ、もう嫌だ。」

 

なんてことはざらにあります。(笑)

 

そこで、「じゃあ投稿者のコードはどうなっているの?」

と確認したいところですが、Qiitaではその機能に関するコードしか公開されていないので、他のコードは見れないです。

 

 

 

「自分が成長するためにはその機能に関するコードの内容を理解して、自分のアプリに合ったコードを実装する必要がある」

というのはよくわかりますが、

 

やっぱり初心者にとっては調べた通りにコードを書いて機能が実装された方がやりやすいですよね…

 

 

Qiitaでは実装してみたい機能を調べてみると本当に何でもあります。

ただ、それを自分のアプリに適用させる、ここに初心者の壁があるなあと同じ初心者ながらに感じて、このシリーズを始めようと思いました!

 

 

同じ初心者のアプリ制作過程が見れない

 

次にこれ。

各機能を少しずつ実装していくのは楽しいです。

ただ、「じゃあ実際他の人はどうやってアプリを作っていってるの?」

 

これ、初心者のときは結構知りたいことじゃないですか?

 

「初心者のうちはいろんな人の作る過程を見て、参考にしたい」

「特に同じ境遇の初心者の製作過程を見て、刺激を受けたい」

 

僕はそう思っていました。

でも、ネットで調べても、そういう情報って意外と載っていないんですよね。

 

もちろん、「駆け出しエンジニアの『今日の積み上げ』的な日記」は多くあります。

僕も少なからず刺激をもらいました。

 

ただ、実際にアプリを作っていく過程を公開しているものって全然ないんですよね。

 

(もしかして、有料で公開しているのかな…?)

 

ただぼくみたいな初心者の作る過程なんて、

ちょっと勉強すればだれでも作れるようなものなので(笑)。

 

有料にしてちょっと小金稼ぐより、

公開することで自分のモチベーション上げる方が得だなって思ったんです。

(あわよくば、まちがっているところを指摘してほしい…(笑))

 

いずれにせよ、

まだ始めて数ヶ月程度のぺーぺーの僕程度のアプリ製作過程でも

参考になる人がいると思ったんです。

 

なので、失敗したことや躓いたことも含め、書いていきたいと思います!

 

初心者レベルで作れるアプリを知れる

 

これは僕が実際に学び始めの時に知りたいと思ったことです。

 

正直、アプリ制作の流れを学ぶとなるとやはり王道はRailsの公式チュートリアルで作るアプリです。

 

Railsの公式チュートリアルでは、Twitterの簡易版の投稿アプリ(misropost)を作っています。

 

「micropost」でググると死ぬほど記事が出てきます!(笑)

 

スクールやProgateなんかでもこちらの公式チュートリアルアプリの制作を通してRailsの制作を学ぶでしょう。

 

 

ただ、僕は実際に経験したのですが、

 

「チュートリアルアプリは作れたけど、実際にどんなオリジナルアプリに応用できるんだろう…」

これで躓きやすいと思うんです。

 

 

幸い、僕はチュートリアルアプリと後で示すオリジナルアプリ1つしか作ったことがありません!!(笑)

 

なので、そんな僕のあさーい知識で作った別のアプリの制作過程が、

ちょっとでも需要があるのではないかと思ったんです。

 

僕のモチベーションが続く限りいろいろなアプリを作っていきたいと思います!!

 

 

本シリーズで作るアプリについて

 

アプリ概要

 

それではどのようなアプリを作るかというと、

「旅行記録アプリ」を作っていきたいと思います!!

 

さて、どのようなアプリを作っていくつもりなのかというイメージだけお伝えします。

(正直今のところイメージしか決まってません(笑)。)

 

 

僕は海外旅行が好きで、いろいろな国に行きました。

海外旅行する時って巡るスポットを事前に決めると思うのですが、

僕はよくあるまとめサイトや観光名所ランキングを使って調べていました。

 

ただ個人的に、そういうサイトって無難なところしか紹介されていないので、

個人個人の体験記がまとめて見れるようなアプリを作ってみたいと思います!

 

現時点のイメージだと、写真が入ったブログの体験記事のようなものを、

国や地域とリンクさせて投稿できるようなアプリです。

その他は、以下のような機能の実装を考えています。

 

・フォロー機能

・お気に入り機能

・検索機能

・ランキング機能

・コメント機能

・グループ機能

 

他にも思いつき次第随時実装していければと思っています!

 

 

アプリのレベル

 

さて、僕の経験はというと、正直初心者レベルです(笑)。

 

作ったアプリは、以下の二つです。

 

・Railsチュートリアルアプリ(micropost)

・オリジナルアプリ

 

僕が以前作ったオリジナルアプリのURLを以下に貼っておきます!

 

 

このアプリも僕にとっては作るのに結構な時間と労力がかかってしまいました…

 

ですので、本シリーズで作るアプリもこの程度のレベルであることをご了承ください…(笑)

 

中身はヘボヘボですが、初心者には少しは参考になるかなと思っています。

(上にも書きましたが、このシリーズはRuby on Railsで作っていくのでご注意ください!)

 

 

 

開発環境

 

環境は、Amazon Web Service(AWS)を用います。

他の環境でもRailsを動かせれば僕と同じコードを回せるかと思いますが、

細かい設定の違いがあるかもしれませんのであしからず。

ちなみにAWSは非常に有名ですので、環境構築について詳しく書かれた記事がたくさんあります。

そちらご参考いただければすぐ環境構築できると思います!

 

 

それでは、次回から早速アプリ制作を始めていきます!

 

今回はここまで。

ご覧いただきありがとうございました!